膀胱炎で現れる症状

膀胱炎で現れる症状

膀胱炎にかかると、下腹部に違和感を感じます。

 

生理痛や下痢のときのような感覚なので、最初は膀胱炎かどうか区別をつけることができないでしょう。

 

そしてさまざまな不快な症状が現れるようになります。

 

膀胱炎を起こすと、膀胱が持つ排出機能に異常が生じ、尿の量や排出するタイミングをコントロールすることが難しくなります。

 

そのため、排尿に時間がかかったり残量感が残り違和感を感じたりするのです。

 

膀胱炎によって1日に何十回もトイレに行きたくなってしまいます。

 

あまりに何度も尿意を感じるため、トイレに閉じこもったままという人もいます。

 

膀胱の内側は炎症を起こしてしまっているため、とても敏感になっているのです。

 

そのため、排尿している間や排尿の後に、しみるような痛みが起こることもあります。

 

発熱することもありますが、多くの場合は微熱程度です。

 

尿が濁り、血液が混じっているという症状が起こることもあります。

 

これは膀胱炎の中でも最も症例が多い、急性膀胱炎のときによくみられる症状です。

 

あまりに熱が高く悪寒がしたり、背中や腰が痛む場合には腎盂腎炎を引き起こす恐れがあります。

 

子供や高齢者が周りにいる場合には、トイレの回数や頻度にも注意が必要です。

 

痛みや不快感を自分で申し出ることがありませんので、膀胱炎に気づくのが遅れる場合があります。

 

膀胱炎の疑いがあるのなら、早めに医療機関にかかり尿の検査をしてもらいましょう。

 

検査はそれほど大変ではありませんし、治療も薬を飲むだけでほとんどの場合は完治します。

 

膀胱炎の治療方法について